さくら(桜)    バラ科サクラ属 落葉高木

日本の春といえば代表される花はさくらです、さくらはとにかく品種が多い。

その数250種とも300種とも言われている。

                  河津桜はこちら

シロタエ (白 妙) ヤエベニシダレ (八重紅枝垂)
オオシマザクラ (大島桜) ヤマザクラ (山 桜)
ケイオウザクラ (敬翁桜) オオカンザクラ (大寒桜)
カンヒザクラ (寒緋桜) ヒガンシダレ(彼岸枝垂)
ベニヤマザクラ (紅山桜) ソメイヨシノ (染井吉野)
イチヨウ (一 葉) ムラサキザクラ (紫 桜)
ナラヤエ(奈良八重) ウコン
シロギクザクラ(白菊桜) アサヒヤマ(旭 山)
名前が解りません 山  桜
ジュズカケザクラ(数珠掛桜)orベニジョウチン(紅提灯) サノ(佐 野)
  名前が間違っていたら是非教えて下さい。
   
   

日本五大桜

三春滝ザクラ(福島県三春町)

山高神代桜(山梨県武川村)

狩宿の下馬ザクラ(静岡県富士宮市)

根尾谷淡墨ザクラ(岐阜県根尾村)

石戸蒲ザクラ(埼玉県北本市)

 

桜の種類の一部

カンヒザクラ(花色:緋紅色から濃紫紅色) ヒガンザクラ(花色:淡々紅色 エドヒガンザクラ(花色:白または淡々紅色) コヒガンザクラ、 ヤマザクラ(花色:白または極淡紅)
ゴショザクラ(花色:紅色) ソメイヨシノ(花色:淡々紅色) アマノガワ(花色:淡紅色) アサヒヤマ(花色:淡々紅色) イチヨウ(花色:淡紅色のち白)
ウコンザクラ(花色:淡黄緑色、満開時は帯淡紅) カンザン(花色:濃紅色) キクザクラ(花色:濃紅色で中心は赤) オムロアリアケ(花色:桃色をおびた白色) キリガヤツ(花色:淡紅色,咲きすすみ花脈濃色)
ジョウニオイ(花色:白、つぼみは淡い紅色) ギョイコウ(花色:淡黄緑色地に縁絞り赤条線) シロギクザクラ(花色:白、つぼみは淡紅色) シロタエ(花色:白、つぼみは微紅色) ジュズカケザクラ(花色:淡い紅色、つぼみは濃い紅色)
ショウワ(花色淡々紅色) ベニシダレザクラ スミゾメ(花色:白、つぼみは淡紅色) センリコウ(花色:白つぼみは淡紅色) 合津ザクラ
オオナデン(花色:淡紅色、濃紅色) タカサゴ(花色:淡紅色) フゲンゾウ(花色:淡紅色) ヨウキヒ(花色:紅色中心は淡紅色) ベニジョウチン(花色:紅色)
ヤエアケボノ(花色:淡紅色) ボタン(花色:淡紅色) ホンカクジオオタザクラ(花色:濃紅色のち淡紅色) アマヤドリ(花色:白) ベニヤマザクラ(花色:淡紅、紅)
キリン(花色:紅色) ミドリザクラ(花色:純白色、淡黄緑) ショウゲツ(花色:外弁淡紅,中心白) フクロクジュ(花色:淡紅、つぼみは濃紅) フジザクラ(花色:白,淡紅)
タイザンフクン(花色:淡紅,外濃色、中淡色) 白雪(花色:純白) ヤエベニシダレザクラ ヒメフジ(花色:白) ヤエフジ(花色:淡々紅から淡紅)
関雪ザクラ

京都画壇の重鎮・橋本関雪夫人によって植えられた。(京都市左京区)

カワヅザクラ(花色:桃色)

カンヒガンザクラとオオシマザクラの自然交配

石戸蒲ザクラ

エドヒガンザクラとヤマザクラの自然雑種

フユザクラ(花色:白、中心淡紅)

オオシマザクラとマメザクラの雑種

コブクザクラ(花色:白)
イトウザクラ

開花:3月中旬開(静岡県桜の里)

サノキクザクラ

開花:5月(静岡県桜の里)

タカトウコヒガンザクラ

ヒガンザクラとマメザクラの中間種(長野県高遠城址公園)

乙姫ザクラ 淡墨ザクラ
ケイオウザクラ(花色:淡い紅色) オオカンザクラ
(花色:紅のち淡紅色)早咲き種
サコン(花色:白) サノ(花色:淡淡々紅色) ゴテンバ(花色:淡紅色)
オシドリ(花色:淡桃紅色) オオシマザクラ(花色:白) チシマザクラ(花色:白、淡紅) アサヒヤマ(花色:淡々紅色) ハタザクラ(花色:白)

関東のさくら名所一覧

靖国神社

東京都千代田区九段北

東京の開花基準木がある。境内には、ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなどがある。特に濃い紅色のヒガンザクラや、淡緑黄色のウコンザクラが珍しい。
飛鳥山公園

東京都北区王子

徳川8代将軍・吉宗が数千本の桜を植えたことから、江戸時代以来花見の名所となる。
千鳥ケ淵公園

東京都千代田区千鳥が淵

北の丸公園の西側の千鳥ケ淵沿いの遊歩道を利用した公園。お濠ばたはは見事なソメイヨシノの並木になっている。
墨田公園

東京都墨田区・台東区

墨田川にかかる吾妻橋を中心に東は向島、西は橋場まで1.2キロメートルの公園東岸はさくら並木になっていろ。途中、シダレザクラもある。
六義園

東京都文京区本駒込6丁目

小石川後楽園とともに江戸の二台名園と言われる六義園。大門をくぐると玉砂利が敷き詰められている。ここの名物のベニシダレザクラの大木がある。
三ツ池公園

神奈川県横浜市
鶴見区三ツ池公園

三つの池を囲むようにソメイヨシノの大木が見事な花を見せる。「桜の名所100撰」にも選ばれている。
妙義山さくらの里

群馬県下仁田町上小坂

荒々しい岩山が特徴の妙義山は日本三大奇勝の一つに数えられている。その山麓にさくらの里がある。ソメイヨシノをはじめ50種,15000本の桜が集められている
久遠寺

山梨県身延町身延山
久遠寺境内

祖師堂前の巨木は樹齢400年,全国シダレザクラ10選にも選ばれた。さくらは古木が多く、西谷参道には樹齢300年の木が25本もある。
高遠城址公園

長野県高遠町東高遠

江戸時代に高遠藩の城下町として栄え、高遠城址跡を公園にした。タカトオヒガンザクラというここだけの品種が植えられている。
三春滝桜

福島県三春町滝桜久保

三春町の名木。根回り11メートル。枝張り、東西22メートル、南北17メートルもあるベニシダレザクラで、樹齢1000年以上という巨木。日本三大桜の一つに上げられ、国の天然記念物に指定されている。

埼玉県のさくら情報

石戸蒲ざくら

石戸蒲ザクラは大正11年に国の指定をうけた天然記念物です樹種は、和名「カバザクラ」という世界で一本の品種で、最近の研究ではヤマザクラとエドヒガンの自然交配と考えられている。

蒲ザクラと範頼伝説
範頼は源頼朝の弟、遠江国蒲御厨(静岡県浜松市)で生まれたため「蒲冠者」とも呼ばれた。源平の合戦では大手大将軍として活躍したが、その後、兄、頼朝に謀反の疑いをもたれ、建久4年、伊豆の修善寺に幽閉され、そこで果てたというのが歴史の通説となっていますが、範頼は殺されずにこの地に逃れ、隠れ住んでいたという伝説があります。逃げる際についてきた杖が根付いて、蒲ザクラになったと言います。根元にある石塔は範頼の墓石といわれています。
所在地 埼玉県北本市石戸宿3丁目119番地 東光寺境内


阿弥陀堂のエドヒガンザクラ
お堂の西側にあるエドヒガンザクラは、市の天然記念物に指定されています。樹齢およそ200年。3月下旬、濃いピンクの花を咲かせます
交通 高崎線北本駅西口から徒歩40分。または、北里メジカルセンター病院行きバス、西高尾4丁目下車徒歩25分。