フリンジドラベンダー イングリッシュラベンダー
ラベンダー ラベンダー

別名:ラベンデルソウ  シソ科ラベンデュラ属 
園芸分類:多年草

名前の由来:
ラベンダーはラテン語で「洗う」の意味。
ローマ時代からお風呂に浮べて香りを楽しんだことから

特徴:紫色の花が可愛い。香りは甘く、さわやか、
    気分をリラックスさせる働きがあります。

使い方:ハーブティ、ワイン、お菓子の香りづけや、
    彩りに使う。

バジル: シソ科

特徴:トマトやニンニク、オリーブ油と相性がよいハーブの
    王様。イタリア料理には欠かせません。
    やわらかい葉を楽しむならこまめに摘んで花をさかせ
    ます。

使い方:葉そのものが美味しいので生食がいちばん。
     ドライは風味が落ちるので保存の場合は新鮮な葉を
     オリーブ油、塩を加えてペーストにして冷蔵庫で保
     存。

カモミール(カミツレ)

特徴:初夏に白い小菊のような可憐な花が群生している
    様子は爽やかで美しい。
    ほんのりと甘いリンゴのような香りや、美容効果が
    ある。

使い方:花はブーケやアレンジの材料としても人気が
      ある。
      元気のない草花の側に植えると回復させる効
      果がある。

フレンチマリーゴールド(クジャクソウ)

特徴:やや大ぶりで鮮やかなオレンジ色の花。
    葉は大変柔らかくて、裏にうぶ毛がはえています。
    園芸用の品種とちがって、ハーブ品種は、葉も茎も
    細身のポットマリーゴールドで一重咲きと八重咲きが
    ある。

使い方:観賞用にも実益にも重宝なハーブです。
     花だけを摘んでフレッシュのままサラダやスープに。
     美容と健康に、そしてアロマテラピーにもよい。

サントリナ

特徴:夏の盛りに黄色の花が咲く。シダに似た細い葉が
    個性的で、アレンジの花材に使われる。ドライフラワ
    ーとしても人気がある。
    葉と茎は白い綿毛に覆われていて、鮮やかなシル
    バーグレイが魅力的です。2年目になると、茎は木
    質化して茶色になり、常緑小低木になります。

使い方:キク科特有の強い芳香があり、防虫効果のある
     ハーブです。

シ ソ

特徴:青ジソと赤ジソがあって、どちらとも日本ではもっとも
    ポピューラーな和風ハーブです。
    赤ジソは葉と茎が赤紫色で、淡いピンク色の可愛い
    花を茎の先に穂状につけます。
    青ジソは香りと風味が好まれる。

使い方:赤ジソは昔から梅干の色づけに使われます
     
青ジソは和風料理や家庭料理のスパイスにつかわ
      れます。

ラムズイアー(ウーリーベトニー)

特徴:シルバーハーブの王様。
    葉は肉厚で白いうぶげが全面に生えていて神秘的な
    光沢があります。
    真夏から秋にかけてピンクの小花を咲かせます。
    外見がひつじの耳に似ている所から「ラムズイアー」と
    名づけられたという。 

使い方:切り花としてアレンジやブーケ、リースなどに使われ
      ます。

コンフリー(ヒレハリソウ)

特徴:太い繊維を沢山もった大ぶりな葉には、ビタミンや
    ミネラルなどが豊富に含まれている。
    初夏に釣鐘形をした薄紅色の可愛い小花を咲か
    せる。  

使い方:花が咲く前の柔らかい葉は生のまま用いたり、
      ドライにしたものはティーや入浴剤に。

ボリジ(スターフラワー)

特徴:鮮やかな青紫色の花びらの真中に黒いおしべが
    ある。
    葉は濃い緑色で、トゲ状の白いうぶげが生えてザ
    ラザラしています。葉には芳香があり、ミネラル分を
    豊富に含有する。

使い方:切り花としてアレンジ花材に使用したり花だけを摘
     んでエデッブルフラワーとして料理の彩りに用いた
     りします。

ローズ(ハマナス)

特徴:細い茎が何本も出て群落を作る。葉は羽状複葉で、
    小葉は5〜9枚,質は厚い、花は今年伸びた枝の先
    につく。熟した果実はトマトに似ている。
    他に「ドックローズ」「スイートブライヤー」などがある。

使い方:花からは、香料。実はジャムや、ティーに。

カレープラント(エバーラスティング)

特徴:針のように細い葉からはカレーのような匂いがし、茎
    の先には黄色い花をつけます。この花はドライフラワ
    ーポプリなどによく使われる。

使い方:葉は蒸した野菜料理やシチュー、スープいれ、カ
     レーの風味をつけます。入れた葉は、食べる前に
     取り出しておきましょう。

            コモンマロウ(ゼニアオイ)

特徴:花はわずかにジャコウの香りがします。
    茎の先のほうに、薄紫色の花弁に濃い紫色の筋が
    入った花が沢山咲きます。

使い方:花はサラダに。
     乾燥させたコモンマローの花のハーブティーは
     初めはブルーですが、レモンを入れるとピンク色
     に変わります。

マスクマロウ

特徴:やつでのような形をした幅広の葉は縁がギザギザ
    して肉厚です。濃い紫色の花をつけるコモンマロウ
    と淡いピンクの花を咲かせるマシュマロウ(ウスベニ
    タチアオイ)がある。

使い方:ドライにした花びらをティーにすると、まず鮮やか
     な色合いに驚かされ、時間の経過とともに色が変
     化していく。
     美しさから観賞用としても人気がある。

スイートバイオレット

特徴:ハート形の濃い緑色の間から、細長い花茎が
    沢山のびて紫色の小花を咲かせる。花には強い
    芳香がある。

使い方:葉と茎はフレシュでもドライでもいろいろ利用
      できる
      ブーケやアレンジの材料としても人気があります。

ローズマリー(マンネンロウ)

  特徴:ツンとする香りが特徴。
      記憶力を高め元気を取り戻す。
      「若返りのハーブ」として知られる。

  使い方:葉、花とも生でも乾燥でも使える。
        肉料理に良く合う。入浴剤としても使える。

アロエ

特徴:肉厚で先端が尖った葉にはギザギザがあり、茎がなく、
    根からすぐに葉が出ています。葉を切ると中からゼラ
    チン状の粘液がでます。オレンジ色の釣鐘状の花が
    穂状につきます。

使い方:肉厚の葉に含まれるゼラチン状の粘液には、優れた
      薬効成分がある。 

チャイブ

特徴:葉は細く長ねぎのように中空です。
    初夏に小さな淡い紫がかったピンクの花を、球形に
    密集してつけます。

使い方:花はサラダなどにふりかけたり、バラ色のビネガー
      を作ったりします。
      にんにくの仲間なので、少しにんにくの香りがあ
      るので肉料理などに適しています。        

パセリ

特徴:西洋料理にも和風料理にも広く使われる最も
    ポピュラーなハーブスパイスです。
    葉には、平らな葉と、縮れ葉の種類があり、茎の
    先に小さなクリ^−ム色の花をつけます。

使い方:葉と茎はそのままサラダに加えたり、細かくき
      ざんで料理にふりかけます。

ワームウッド

特徴:ヨモギの仲間。苦味が強い。
    葉の裏には、白い毛が生えていて、シルバー色に
    光って見える。生育が早い。

使い方:観賞用。花と葉はアレンジの花材としても人気。
     ガーデンのアクセントとのもよい。

ヤロウ(アキレス)

特徴:古代の英雄「アキレス」の名前が付いている。
    葉はノコギリ状。花色は、濃いピンク、ホワイトピンク、
    イエローなどがある。草丈は60cm〜80p。

使い方:花と葉は料理や入浴剤に。
      夏の開花期には花材として使われます

コーンフラワー(ヤグルマギク)

特徴:高さが50p〜90cmくらい。
    茎の先に青い花をつけます。(ピンク、白、紫)
    のももあります。葉は細長い。

使い方:花は観賞用として、また、アレンジなどの花材
      にも。
      花や葉の浸出液には薬効成分があります。

ダンデライオン(セイヨウタンポポ)

特徴:高さは30pから50cmくらい、茎の先に黄色い花を
    咲かせます。花弁の裏側には、たいてい茶色の縞
    が入っています。

使い方:花はワイン漬けや、タンポポ酒に。根は、焙煎して
     コーヒーのように飲みます。 

ホックスグローブ(ジキタリス)

特徴:葉は細長く、先がとがっています。直立した茎の先
    の方にピンク色や白色筒状花をたくさんつけます。

使い方:観賞用。

サンフラワー(ヒマワリ)

特徴:茎は細毛に覆われていて茎の先に大きな黄色い
    花を咲かせます。高さは1m〜3mくらい。
    花が散ったあとに、小さな種をたくさんつけます。

使い方:種子は生のまま、または炒って食べます種子
      からはリノール酸たっぷりの油がとれます。

レッドクローバー(アカツメグサ)

特徴:直立する茎は分枝して葉わきに薄紫色の花を丸く
    咲かせます。葉はシロツメグサにくらべて細長い。

使い方:花は、ハーブティーに。若芽は天ぷらに利用で
      きます。

クレソン

特徴:水辺の群生する。草丈は30cmぐらい。
    葉と茎には辛味がある。茎の先に小さい花をつけ
    ます。
    きれいな水で水耕栽培ができる。

使い方:柔らかい葉は、サラダやスープなどに。
     西洋料理や日本料理の付け合せに。

レディースマントル

特徴: マントを広げたような大きな葉は柔らかい。
      茎の先には、黄色の花をたくさん咲かせます。
      高さは30cm〜1mぐらい。
      近縁種にはアルピナ、ブルガリ、モンティコラ
      などがある。

使い方:若葉はサラダに、また葉や茎はハーブティとして。
      葉からは染料としても使われる。

ルー

特徴:ミカン科の常緑小低木。
    茎は何本にものびて、その先の細かい黄色い花を
    つけます。

使い方:乾燥させた葉は独特な香りがあるので、防虫作用
     があります。 
    

ワイルドストロベリー

特徴:葉は3枚の複葉でぎざぎざになっている。
    高さは20〜30cmぐらいで、花茎は細く伸び、
    その先に小さな白い花を咲かせる。その後に
    小さいいちごのような果実をつけます。

使い方:果実はジャムや、ケーキ、アイスクリームなどに。
      葉はハーブティに。

ディル

特徴:セリ科の一年草。草丈は1m前後。
    一本の茎の先に傘状に広がった花茎の先に黄色い
    花を沢山咲かせます。

使い方:開花前の蕾や、葉はサラダなどに。
     種子や花はピクルスやビネガーなどに着けこみます。
     花はフラワーアレンジに、人気があります。
     
 

ポットマリーゴールド

特徴:キク科の一年草。
    花は、やや大ぶりでオレンジ色の花が次々と咲く。
    葉はやわらかく、裏にうぶ毛がある。
    ポットマリーゴールドには、一重咲きのものと八重
    咲きのものとがある。

使い方:花だけ摘んでサラダや、スープに。
      ドライにしてポプリや、バスハーブとして。
      花は染料としても使える。